スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雨の日からの贈り物
2008 / 05 / 30 ( Fri )
水たまり

朝起きると雨が降っていました。残念、出かけられないなと
仕事机に向かいます。
気がつくともう2時、アクセサリー作りに没頭すると時間の事
忘れる私です。
娘がアルバイトから帰宅。今日の彼女はパン屋さんの作り手、
朝が早いので、昼間なのに眠たいのです。
「雨、あがってるよ(^^)」・・・えっ!外に出られると急いで
スニーカーを履いて、カメラ、カメラ、え~携帯カメラでいいや。

これただの水たまりなんですけど、別の次元が映っているように
見えませんか。  足を踏み入れたらス~とパラレルワールドに
入ってしまうような・・・  私だけ?

かたつむり


しばらく歩くと、ホンとに不思議なの。右の傍らからゴニョゴニョっと話声みたいに
聞こえたのね。  それでそっちを向いてみると、かたつむりが3匹もいたのです。
珍し~と思ってシャッターを切りました。

直径が4センチ~5センチぐらいの大きいやつだったです。
「オットット、落ちちゃうぜい!」
「よっこらせ」
などと一人でセリフをのたまうのです。おかしいですね。私・・・
別に友達がいなくてサミシイわけじゃないんですよ。悪しからず。

麦の穂


最後に、金麦~です。
ある日、花柳界の芸者衆がお正月の顔見せの時、日本髪に結ったところへ
稲穂を刺していらっしゃったのを思い出して、近所の麦畑へ足を向けました。

なんて粋(いき)なんでしょう。この麦穂のデザインはきっと何かに使える
気がするんです。姿を観察しようとシャッターを押しました。

晴れの天気もいいけれど、雨上がりでなければ出会えない物もある。
かけがえのない自然の一瞬を垣間見る事ができました。
やはりこの環境がないとやっていけない私なのです。 感謝



私のもう一つのページFairyHands on art studioをよろしくお願い致します。

アートスタジオフェアリーハンズ
  左のバナーをクリックして
  アクセスアップしましょう。

スポンサーサイト
23 : 19 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<祭りの後 | ホーム | EMIKO.J新商品のご案内>>
コメント
----

ほんと、鬱陶しい毎日ですね。

私はかたつむりさんが苦手なんですが、EMIKOさんのかたつむりさんとの会話、かわいいです。

金色の麦、本当に金色に輝いている!
by: ゆんこ * 2008/05/31 00:44 * URL [ 編集] | page top↑
--ゆんこさん--

ごめんなさ~い。かたつむりダメな方もいらっしゃるだろうな~と思ったんだけど、ご勘弁を1
でもね、かたつむりを見れてまだ自然は機能しているんだと嬉しくなったんです。
金麦きれいですよね。値千金!
by: EMIKO.J * 2008/05/31 09:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

カタツムリさん、久しぶりに見ました。
そちらは、そろそろ入梅ですか?
金麦もとってもきれい。

雨は天からのお恵みですね。
雨上がりは、自然が生き生きしていませんか?

実は、うちのあたりでは、このところ雨がほとんど降っていません。
ここ一ヵ月半の間の降水量は、たったの2mm。
一雨ほしいところですが、数日先まで晴れの予報です。
日本の雨をちょっぴり分けていただければ…
by: Kuukkeli * 2008/05/31 22:14 * URL [ 編集] | page top↑
--Kuukkeliさん--

こんにちは。台風は来るし、ここのところ雨が多いです。TVでは梅雨入りとはまだ聞きませんが。
家の前の川は大雨が降ると増水して濁流になります。
ちょっと迫力ありますよ。
そちらの気候は今どんな風でしょう?宇宙から見ると緑が多いですね、かたつむりのような生き物はいないのでしょうか。調べてみたいと思います。
雨よKuukkeliさんのところにも振ってちょうだい!
by: EMIKO.J * 2008/06/01 00:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fairyhands.blog46.fc2.com/tb.php/41-59afe4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。