スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
秋の小春日和
2008 / 10 / 28 ( Tue )
畑に咲く

立川に程近い、府中を通りかかり ふと足を止めて花と会話する。

「今日はなんだか春のようにあたたかいですね」

「はい、お陰さまでこんなにノビノビと花を広げることができました。」

「それはよろしゅうございました。」

「車に気を付けて行ってらっしゃいませ。」

「はいはい、どうもありがとう。」


20本ほどのかわいい花達が、風に揺れて

笑顔で手を振ってくれているように見えた。

ルームミラーの中の小さな花園が次第に見えなくなっていった。






あぜ道に咲く


クローバーの花かしらん

周りには小さな小さなハチが飛び回っていたよ

良く見ると、すごく迫力があってきれいです。

足元の自然、こんな少しの世界にも大自然が広がっているよ。
スポンサーサイト
21 : 17 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夜空を眺めてみました
2008 / 10 / 14 ( Tue )
月が~

月の周りにほんのり虹が掛ってたのですが、よくは写っていませんね~。(残念)

みんなオオカミさんに変身するかも? ウオオ~ン


マズイ、マズイ・・・





天空の大陸

昔々、天空にラピュータの人々があり、神なる技をあやつり世界を震撼させたという・・・

きっとこんな雲を眺めて、物語を創造したのでしょうね。

それとも事実かな?

大空に爆発した様な積乱雲をみると、あそこに絶対ラピュタがいるって思っちゃう。

               ロマンだねー。
21 : 47 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
空が燃えてる
2008 / 10 / 12 ( Sun )

夕焼け

ベランダに出ていた娘が 「こんな空を写真に撮れたらいいのに」と言った

必死に机に向って仕事をしていた私は振り向くことさえできずにいた

「こんなのあんまり見られないよね」と追伸

そんなにすごいの? とやっと顔を向けると

びっしり干していた洗濯物の隙間から、赤いものが見えた。

「しまった!」

カメラを持ってダッシュで外に駆け出す私

みるみる太陽が沈み、雲の赤が失われてゆく

数秒後には、鉛色の雲になってしまった

太陽は振り返り様ちょっと薄笑みをくれて

どんどん遠ざかって行ったのだ

今日と同じ太陽にはもう会えない・・・

間に合ってよかった 

10 : 40 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。