スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お散歩浅草橋
2008 / 07 / 13 ( Sun )
お仕事柄、浅草橋へ仕入などによく行きますが・・・

良く通る道にもよく見ると気になる場所があったりしてね。

「銀杏岡八幡宮」(いちょうがおかはちまんぐう)でございます。

銀杏岡八幡神社


源義家公が奥州(陸奥州国の通称、現在の青森・岩手・宮城・福島)征伐の下向の時、
この地で休憩を取っていた時、中川の上流から銀杏の枝が流れて来たそうな、
義家公はその枝を拾い丘の上にさし立てて、このように申しました。


「朝敵を退治の暁には枝葉栄えるべし」・・・と祈念されました

その後 奥州は平定され再びこの地を訪れた時に、銀杏が大きく生い茂っていたので
義家公は神様の恩恵に感謝をして、太刀ひと振りを奉り、八幡宮を勧請(かんじょう
*神仏の来臨や信託を迎える事)
したそうで、このときが康平5年(1062)でこちらの
創祀となったそうにございます。


くぐりの輪


お参りする際に、このまるい輪「茅の輪」(ちのわ)をくぐって拝礼する様が
興味深かったので写真に撮りました。

そもそも「茅の輪くぐり」は陰暦6月に罪やけがれを除くために宮中や諸神社で行われた
お払いの行事でした。

人形をつくりその体を洗い清めて川へ流したりしたそうです。雛祭りも本来の意味は
同じですね。 *輪越の祀り・水無月祓い・夏越(なごし)のみそぎ・夏祓(なつばらえ)
などと呼ばれていました。

「水無月の夏越の祓いする人は千年の命延ぶといふなり」と謳われています。

夏の暑い季節は食べ物も腐り安く、病気にもなり易いので、当時はそれだけで亡くなる人も
多かったのでしょう。 


この茅の輪のくぐり方は、空から見た感じで説明しますと、最初に正面で言葉を発し、輪をくぐって
左へ回り正面へ、次に再びくぐって右に回り正面へ、最後にくぐってもう一度左へ回って正面から
本社に向かい拝礼して進むのだそうです。ちょうど8の字を描くようですね。
8の字は無限のマークです。何だか意味ありげですねぇ。




まだまだ旅は終わりません。また休憩です。


スポンサーサイト
18 : 54 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お散歩植物誌
2008 / 07 / 13 ( Sun )
暑くなりましたねぇ。

とことこ歩きの1時間の旅です。

よろしかったらご一緒に・・・

紫ツユクサ

子供の頃から大好きだった紫ツユクサです。

紫ツユクサ(ムラサキツユクサ)はツユクサ科の一年草
小さな青い花に黄色いめしべのコントラストが美しく可愛い野草です。

食べる:若葉、若芽は茹でて和え物に、酢の物、おひたし、炒め物や天ぷらなどにも
生 薬:開花時期の全草を乾燥させ、煎じた煮汁は利尿作用があり、下痢止めの効果がある。
染料として:着物友禅の下書きの下絵の具として

古くは清少納言の「枕草子」にも「つき草」の名前で登場します。その名の由来から
夜明けと共に露付きのまま開花させるからとか、また葉の先端の水孔から水滴を着けるから
などゆかしきお話があります。

今日は暑いぞ


幼い頃 良く母に

「たまには空を見上げなさい。」

と言われましたが、なんの必要があるのかと解りませんでした。

でも今は良くわかります。  言いかえれば

「たまには宇宙(そら)と繋がりなさい。」

かなって。そうなの空にいるお母さん・・・



旅は続きます。  少しだけ休憩ね(^^)
14 : 00 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。