スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
足元にある自然
2008 / 06 / 07 ( Sat )
水田

しばらくぶりで散策してみると、小学校の裏手にある田圃では田植が終わっていました。

そういえば、夜になるとカエルの合唱が聞こえてたっけ。

この田圃の右上の方に小山(カニ山)があって、清水が湧きだしています。
そのきれいな水がここに注がれているのです。
水路には一年中水が枯れることはなく、今時分にはクレソンも野生していて
生い茂っています。 
 
いつかは、クレソンを摘んできて食卓に上げようと企んでいるのです。(^^ゞ

マガモ


住まいの前には野川が流れています。

今年の春先に生まれたカモの雛たちが、立派に成長していました。

このカモは雄なのかな?鮮やかな色の羽が少し見えています。

完全に大人になると、茶色の羽はなくなりメスとはまったく違う容姿になります。

子供のうちは保護色にするため、茶色にしています。

ですから、もうすぐ成人式なのかもね。


白鷺


同じ時間帯に、数メートル離れた所に白鷺(コサギ)がいました。

野川には年中コサギが1~2羽見受けられます。

今頃は、どこから来るのか更に2羽増えるのです。

何やら小魚でも狙っているのか、慎重に水の中に足を忍ばせています。

この川は比較的に魚(コイ)が多く、水が温む頃には稚魚の群れが

出来るほどです。30~40センチクラスのナマズの夫婦も居るのですよ。

そろそろ帰ろうと家に足を向けますと、目の前をブ~ンと横切りました。

追いかけると、四つ星テントウムシではありませんか。(^^♪

テントウムシ


なんだかいいことありそうな予感です。
スポンサーサイト
19 : 45 : 04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。