スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
続・続 安全な食事
2008 / 06 / 29 ( Sun )
季節の花

今年は紫陽花が本当によく咲いています。昨年はそれほどでもなく、花も比較的
小さかったように記憶していますが、どうでしょうかね?

それに、花の色が青や紫の分布が多くて赤系、ピンクなどはあまり見ていません。
しかし花言葉に「移り気」とあるように紫陽花の色は次第に変化していくものだそうです。

青や紫は高貴で安定した、癒しを感じさせてくれる色です。 殺伐とした日々を送る
人間達に、心を落ち着かせてくれるメッセージを送ってくれているのでしょうか。
やさしく 風に揺れながら・・・

・・・・・・・・・・・・・・さて、お食事会のお料理の続きは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古代米のリゾット


古代米の赤米と白米とトマトのリゾット、もちもちした食感で薄いカツオダシ風の味でした。
海老の唐揚げに、ホタテ貝のフライ そこにとき卵の餡がかかっているのです。
見た目も味も美味いに尽きます。お皿が並ぶと、会場が一斉に歓声に包まれました。(^0^)

お友達になりました。この日会場に集まった方々はどなたも初めてお会したのですが
、お料理が出て来るうちに
いつの間にか自然とお話をしているのでした。
お隣に座られたH・Iさんと楽しくお話する内に
どんどん和んで行きましたよ。
やはり大勢でワイワイやりながらの食事は楽しい!

H・Iさん、この間はありがとうございました。お陰さまで
楽しく美味しい時間が過ごせました。またお会いしましょうネ。(^^)


(^_-)-☆顔を出そうか迷いましたが、やっぱりブログに遊びにいらして下さる皆さんに
一度ご挨拶しようと思いまして、え~いとサムネイルでこんにちはです。右の魔女っぽい
のが私ことEMIKOです。(*^_^*)てへ。。。。よろしくね。
あ~!だめだめ拡大しないで下さいね。くれぐれも。・・・・・・

さて、最後にデザートの登場になりますが、それは明日の心だ~!!ヽ(^o^)丿
スポンサーサイト
01 : 52 : 47 | 簡単お料理 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
# 続々 安全な食事
2008 / 06 / 28 ( Sat )
カボチャの花
10 : 31 : 45 | 簡単お料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
続 安全な食事 
2008 / 06 / 27 ( Fri )
私のこのブログに遊びにいらして下さる皆さんの中には、大自然の
中で暮らす方も沢山いらっしゃいます。
本当の心や体の健康を考えると、食事だけ無添加食品を摂っていても
社会生活が添加物だらけでは、片手落ちでむしろマイナスなのかも知れませんね。

正と負、陰と陽、互いに相反する者同士がバランス良く混在できれば、心地よい
回転が始り、共存する新しい喜びが生まれて来ると思うんです。

ですから、健康ってバランスが大切だと考えています。(^^)

カボチャの子供
                        カボチャの畑から


        お食事会のお料理は・・・

鯵と鰯のつみれ

3つ目のお皿は、鯵(あじ)と鰯(いわし)のつみれ、海老しんじょの揚げ物です。
どちらもピーマンを半分にした物を器にして、すりつぶして練り上げた材料を盛り上げて
乗せてあります。  つみれは固く締まってはおらず、ほろほろっとした食感で魚のほんのり
とした甘みがありました。そして海老の方はプリプリしていて、つい唸ってしまいました。(^^)

ナスを付け合わせに一口分、皮をストライプに残してある所なんぞは、家庭料理との違いを
印象づけますね。 大根おろしに薄口のお醤油とお砂糖とお酢で味を調えて、揚げものに
かけてあります。 本当に健康的ではありますね。

そしてやはり、器がいいです。

地鶏の香味野菜焼き


お次は・・・え~!まだ出てくるの~!といった感じで、うれしい~

信じられないくらい、地鶏のお肉が柔らかくて、臭みがぜんぜんないの!
お肉の下には、新キャベツ、ニンジン、タマネギ、バジルそしてディルソースが使われていました。
板長さんはロンドンに長くいらしたそうで、そこでディルソースの価値を見出したのかなと思います。

アスパラやしし唐の盛り付けも大胆で、流石ですね。(^^)

おいしそうでしょう~?こんなのを食べて来たんですよ~。フフフフフ・・・(^^)

続きは明日の心だ~!
01 : 31 : 50 | 簡単お料理 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
安全な食事
2008 / 06 / 25 ( Wed )
だいぶ更新をしていませんでした。

みなさん忘れちゃったかな?心配ですね。

このところ現場?が多くて家に居られませんでしたの・・・

そんな中、先日anewさん(無農薬な食材の提供)のお食事会に

参加させて頂きましたので、少しだけリポート致します。(^^)

魚亭 かみや   
 会場は、都営新宿線曙橋駅下車、A3出口を出てすぐ右の
 福松ビル2階の「魚亭 かみや」さんでした。

 こちらのオーナーであり板長さんは、和の中にも小粋な洋を感じる創作料理
 を作って下さいます。

 気取らない感じの、食にこだわりを持つ方でお店で出すお茶(どくだみ)なども
 ご自分で乾燥から仕上げまでなさるほどのこだわり様です。
            体に害の少ない食材やその研究を昔からされて、お仕事に生かしておられる
            とのことでした。

       
        ★ どんなお料理かと言いますと・・・
       サイオン芋の芽のコーンスープ     冷やし柚子豆腐
 はじめ写真を撮ってはいけないと思い、必死でスケッチしていましたので
 下手な絵ですが、我慢して下さい。(^-^)汗

左はサイオン芋の芽とコーンスープを合わせた飲み物。右は柚子入りのやっこ豆腐にディルソース
をかけた品です。

●サイオン芋とは・・・サイオンEMという,有機農業や土壌改良に使われる有用微生物群を多く
 含む複合培養液で栽培されたイモ類の事。
●ディルソースとは・・・ハーブディルとオリーブオイルをベースに、ヨーグルト、マスタード、砂糖、塩
 で作るペースト状のソース。

★食べてみて、感じたんですが。私達はあまりにも添加物を多く含んだ
 ものを食べていたんだということ。味さえも調整されて、自然のままの味を知らずにいたの
 かも知れないのでした。無添加の豆腐もスープもむしろ印象的な味ではなく、癖のない繊細な
 甘みや、本当に微妙なピリピリ感が高級でした。それにも増して農業としても採算性の悪い
 とされる無農薬・有機農業を現在まで続けてこられた農家の皆さんに感謝と、拍手を送りたい
 気持ちで一杯です。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・ハーブディルについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ディル/Dill】古代の北欧語でDilla(なだめる)からの音。
ディルのタネ(ディルシード)には鎮静と睡眠効果があり、北欧では昔から夜泣きをする
乳幼児にはディルシードを煎じた湯ざましを与えたと言われる。

【植物の姿】花:黄色で傘を広げた様な散形。  葉:糸のように細くこんもりとして優雅。一年草
【  味  】ピリッとしていて甘味があり独特な風味。北欧では、鮭などをはじめ魚料理や、
       ジャガイモ、キュウリなどの野菜料理には欠かせないという。

とても一度ではお話ししきれませんので、続きにしたいと思います。それでは後ほどね。
空地の雑草花
14 : 36 : 17 | 簡単お料理 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ローズガーデン
2008 / 06 / 21 ( Sat )
お得意様の奥さまが丹精していらっしゃるお庭です。

CA18GWW2c.jpg


かわいい色ですね。

CAY0VGLQ.jpg

CATNGQ06c.jpg

CA33X8SGc.jpg

バラの垣根   いつもお世話になっております。
  先日の馬喰町での催事も、おかげさまで大盛況の内に終了致しました。
  御遠方よりお越しのお客様も大変にありがとうございました。
  またごひいきにお運び下さるお客様、いつもありがとうございます。
  今回頂きましたお声を無駄にしないよう次回のフェアに生かして参ります。
  どうか、11月もご期待下さい。またご希望がございましたら、どうぞお気軽に
  お店の方へお寄せ下さい。ありがとうございました。
00 : 16 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マリーアントワネットの首飾り
2008 / 06 / 17 ( Tue )
CALR2EOU.jpg
                     東京浅草:路上の花壇に咲く花

昨年のことですが、展示会を企画して頂いた時の事。何かアイキャッチャーになるものを
ショーケースに飾ろうという事になりまして、考えましたのが当時大人気でした、キルスティン・ダンスト主演の「マリーアントワネット」のジュエリーを再構成してみようとなり、デザインを探し始めました。

しかし、映画の中ではこれと言ってなく、別な文献を探していると、ありましたよ彼女とジュエリー
の関わり合いが・・・  それは有名な「首飾り事件」だったのです。ご存じの事と思いますが
アントワネットはルイ16世のお后であり、後に国民の反感を買って処刑されてしまいますが、
この事件こそ彼女の運命を決定的にした揺るぎのない史実でありましょう。

映画の紹介

[首飾り事件」を忠実に描いた映画のDVDです。事件後の結末も描かれ
 当時のフランスやイギリスの文化・風俗が偲ばれる作品です。
 また、 [首飾り事件」の概要はこちらが分かりやすいです。←リンク中




パリコレ 2007パリコレでも話題に上ったマリーアントワネット

クリスタルネックレス
              天然石のクゥォーツをふんだんに使ったジュエリー

クリスタルネックレス
            クゥォーツは全ての玉が多面カットでキラキラ反射して美しい

クリスタルネックレス(拡大)


クリスタルネックレス


写真でもお分かりかと思いますが、首飾りといってもネックレスではなく、胸元に付けてドレスを
飾る形ですね。実際はかなりの大きさ(カラット)のダイヤモンドで作られ、重量も相当重かったことでしょう。 私の作品だってかなり重いですから。


石だとかジュエリーなどは本当に身に付ける相手を選びます。言いかえれば、ジュエリーとして
仕上がった時点で既に行先が決まっているのです。石は天然である以上はサイズが同じでも
性格や個性は一つとして同じものはありません。

マリーアントワネットはこのジュエリーを実際に見ることはなく詐欺にかかり、そして処刑へと
運命の階段を上りました。石にはソウルがあり、生涯一人の主人に仕えることはなく何度となく
オーナーを取換えながら、人生をその身に刻みつけ時を渡って行きます。何だか怖いですね。

あの「首飾り事件」に使用されたダイヤ達は分解され、それぞれのオーナーの所へと散って行ったの
です。私はこのデザインを形にする時、何か得体の知れないものを感じました。開けてはいけない
扉を、形にしてはならない物を開いてしまったような感覚を覚えました。


でも、もう止まらないのでした。展示会にお客様が見えた時にこの作品を欲しいとおっしゃる方が
何人かいらっしゃいましたが、とうとう渡る事はありませんでした。(なんかこわ~い)(・.・;)

だって値段が高すぎたんだも~ん!

なんちてね。(^^)


とまあ、こんな物もありますということでお楽しみ頂けたですかね~(^^)

お口直しに、お花の写真をどぞ!

CA79YUYC.jpg
00 : 30 : 16 | コスチュームジュエリー | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
畑の華(はな)
2008 / 06 / 13 ( Fri )
近くにとても広い畑があります。
雨上がりに葉に付いた水玉を写そうとやって来ました。

里芋の葉

イモ畑
 可愛い里芋の幼葉が整然と植えられています。
 収穫のしやすさという点から見ても、やはり農家
 の方は美的センスが抜群だと思います。
 だって、こんなに真っ直ぐに植えられないですよ。
 ホントに・・・



蕎麦

調布市の布田駅から甲州街道を抜けて三鷹へ向かう、三鷹通りというのがあります。
途中に深大寺入口という交差点があり、その参道へ曲がった所に蕎麦の畑があるんです。
深大寺そばは有名で、新そばが出る頃には方々からお客様が詰めかけます。
新そばは、ほんのり緑色で綺麗ですし何といっても香りと歯ごたえがいいんです。
あ~食べたくなってきた。

また、さっきの畑に戻りますと・・・

アヤメ

アヤメ

アヤメ


はい!アヤメちゃんですね~
ここでブログらしくウンチク話で~す。

よく「いずれがアヤメかカキツバタ」と申しますが、皆さんおわかりになりますか?
アヤメは(菖蒲)と書きますが、昔からアヤメと呼んでいたのは今の菖蒲(ショウブ)
の事で、今ショウブと呼ぶのはサトイモ科の薬用に使う植物です。

ショウブ湯に使うのはアヤメの方で、ショウブは小さな花をギッシリつける姿で
アヤメとはだいぶ様子が異なります。カキツバタはアヤメに良く似ていますが
花の基部に綾目模様が有るのが、アヤメ。無いのがカキツバタだそうです。

誰が詠んだか解りませんが、日本の言葉や名称はほんに粋じゃわいな~
ということで、本日はおひらきです。
23 : 54 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
続・花園(おじさんに届け)
2008 / 06 / 13 ( Fri )
昨日に引き続きおじさんに贈るお花達です。
たぶん、歩きまわることができないと思われるので
近所のお花達もご紹介しちゃいます。

小川さん 017c
      
 共同の庭から
a

紫陽花の花びら

バラ

バラ!バラ!薔薇!
バラ


写真集にして、奥様に持って行って頂こうと思います。
みんな元気にな~れ!
10 : 04 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
花園(おじさんに贈る)
2008 / 06 / 12 ( Thu )
今日は朝から強く雨が降っています。
西の方では災害も起きているとか・・・
最近の気象は「いきなり」や「急激な」が多い
ような気がします。
皆様、どうかお気を付けなさって下さいね。

ユリ

ユリ

共同の庭を一生懸命に丹精込めて下さっている近隣のおじさんが
喉を患い入院されました。
80歳に近いと聞きますが、お仕事で稼いできたお金をほとんどこの庭に
つぎ込んで下さっているのだそうです。最近になって奥さまから伺いました。

本当に有り難く、とても愛しく感じます。

そこで庭を見ることのできないおじさんに、お花の写真を届けようと思い撮りました。

おじさん、とっても綺麗に咲きましたよ。
通りすがりの人々が立ち止まっては
花をめでて行きます。 写真を撮ったり、幼い子供たちに説明をしたりと
おじさんの御苦労は、多くの人々の気持ちを癒しています。
ありがとうございます。

紫陽花

小川さん 017c


花には本当にパワーがあります。

おじさんが少しでも早く回復して戻ってこられるように
写真をお届しなくてはと思っています。
11 : 24 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
布多天神骨董市(スタッフブログ)
2008 / 06 / 09 ( Mon )
日頃よりご訪問頂きまして、ありがとうございます。

本日はフェアリーハンズのスタッフのEENOBUが書かせて頂きます。

先日の日曜日ですが、午前中お客様との打ち合わせ後EMIKOはまた

お出かけで、解放された私はどこへ行こうかと考えておりましたら・・・

布多天神の境内で骨董市が立っていましたので立ち寄る事にしました。

骨董市


調布駅(京王線)を甲州街道(R20)側に下車、街道に向かって直進すると
天神通り商店街があります。 100数十mの短い商店街ですが、ここは
ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげる先生の事務所があった所です。
通りのあちこちに愉快な妖怪たちのオブジェがいて、面白いですよ。
商店街を抜けると、甲州街道。渡れば布多天神の参道に入ります。

布田天神


ここで少しだけ布多天神にまつわるおはなし・・・

始まりは大和朝廷が日本を統一した頃からとありますから、かなりの歴史です。
場所は多摩川の古天神にありましたが、室町時代の洪水が出たあと現在の住所に
移されたそうです。 江戸時代に甲州街道が開通すると、上石原・下石原・上布田・
下布田・国領
の五つの宿場ができました。 この宿場の守り神として、五宿天神
呼ばれるようにもなりました。

伝説が残っています。

布多天神が多摩川の古天神にあった頃、当時 中国より伝わった木綿の実から、布を
作る方法が布多天神様のお告げによりもたらされました。
それを知った村長以下村民で布を織り、多摩川の水でさらして仕上げました。
出来上がった布を天皇に献上したところ、たいそうお喜びになり、この布を調布(てづくり)
と名付けられたそうです。
それからこのあたりを「武州調布の里」(ぶしゅうてづくりのさと)と呼ばれるようになった
との事です。

驚きでした。調布にそんな由来があったなんて。私も手作りを生業(なりわい)としてこの地に
根を下ろしましたが、なんだか不思議な御縁を感じます。

ジャバラのカメラ


骨董市はここのところ雨が多かったので開かれず、久し振りの開催だったようで

大勢の老若男女で賑わっていました。 初めてお目にかかったおじいさんが

交通事故にあって左手を痛め、大好きなアコーデオンが弾けなくてサミシイ・・

とか、なんの屈託もなく話しかけて下さいました。

値段交渉をする人、専門的な話に花を咲かす年配者たち・・・

神社やお寺は昔から人々の交流の場であり、ここから様々な技術や情報

が各地に広まっていったのだろうな・・・・

年代は分かりませんが、フジカと刻印されたジャバラレンズのカメラが

何気なく展示されていました。

昔のものには味がある。物事を成長させようとする力みたいなものが

今も息づいている。そんな印象を受けました。

この土地に来て良かった。

胸が温まるひと時でした。(*^_^*)
13 : 42 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
足元にある自然
2008 / 06 / 07 ( Sat )
水田

しばらくぶりで散策してみると、小学校の裏手にある田圃では田植が終わっていました。

そういえば、夜になるとカエルの合唱が聞こえてたっけ。

この田圃の右上の方に小山(カニ山)があって、清水が湧きだしています。
そのきれいな水がここに注がれているのです。
水路には一年中水が枯れることはなく、今時分にはクレソンも野生していて
生い茂っています。 
 
いつかは、クレソンを摘んできて食卓に上げようと企んでいるのです。(^^ゞ

マガモ


住まいの前には野川が流れています。

今年の春先に生まれたカモの雛たちが、立派に成長していました。

このカモは雄なのかな?鮮やかな色の羽が少し見えています。

完全に大人になると、茶色の羽はなくなりメスとはまったく違う容姿になります。

子供のうちは保護色にするため、茶色にしています。

ですから、もうすぐ成人式なのかもね。


白鷺


同じ時間帯に、数メートル離れた所に白鷺(コサギ)がいました。

野川には年中コサギが1~2羽見受けられます。

今頃は、どこから来るのか更に2羽増えるのです。

何やら小魚でも狙っているのか、慎重に水の中に足を忍ばせています。

この川は比較的に魚(コイ)が多く、水が温む頃には稚魚の群れが

出来るほどです。30~40センチクラスのナマズの夫婦も居るのですよ。

そろそろ帰ろうと家に足を向けますと、目の前をブ~ンと横切りました。

追いかけると、四つ星テントウムシではありませんか。(^^♪

テントウムシ


なんだかいいことありそうな予感です。
19 : 45 : 04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
生きる証し
2008 / 06 / 05 ( Thu )
紫陽花


紫陽花(アジサイ)の季節になってきました。 去年鉢植えで育ててきた紫陽花が
元気がなくなったので、共同の庭の地面に植え換えました。(団地なので共有です)
紫陽花はシーズンオフのときは葉もなくなり消えてしまったかのようになりますが、
今年は一気に勢力を伸ばし、こんもりと大きくなってくれました。




キウイ
キウイの棚で10mX10mくらいの畑がご近所にあるのですが、
 5/20~は花が咲き誇っていました。

 でも、不思議に感じたのはキウイの花はどうして下を
 向いて咲くのだろう?と・・・
 それが最近分かってきたのです。





キウイ


御覧の通り、花が終わった6月に入ると、花だったところが膨らんで可愛い
赤ちゃんができていたのです。
このために花は最初から下を向いていたのですね。
どんな生き物も赤ちゃんはかわいい。

成長し、やがて種を残す。

この繰り返す営みこそ

地球に生まれた者の生きた証しですね。
15 : 44 : 10 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新作よ~(コスチュームジュエリー)
2008 / 06 / 05 ( Thu )
EMIKOよ~
  久し振りのブログ書きです。

  フェアの準備もようやく終わり
  ちょっと一息ですね。
  私の工房、こんなです。
  美しい花は泥の中から咲くのよ!

コーラルネックレス・ピアス


一点ものです。赤いアクセが急に作りたくて、ダダダダーと仕上げました。
赤い玉はサンゴ色のガラスです。大きさが不揃いで、アンティークっぽいでしょ。
多角形のブロックはナラ材を塗装しました。ガラス玉の間に金古美のメタルビーズ
を入れて華やかに演出します。

シェルクロッシェネックレス


こちらは大きめな貝をトップにしたクロッシェネックレス。
クロッシェの部分は淡水真珠なのよ。 トップとネックレスのジョイントを
どうしようか悩んだのだけど、結局こうなったの。 大粒の淡水真珠を
わざとポイントにして、細いチェーンでぶら下げる形なの。
これで身に着けた時自然に揺れて馴染むわね。
ネック部分を巻き貝で作ろうかと思ったんだけど、やはりクロッシェにして
高級感が出て良かったと思います。

ご感想頂けるとうれしいわ。(^_-)-☆
01 : 59 : 00 | ギャラリー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。