スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
祭りの後
2008 / 05 / 31 ( Sat )
コンサートが終わったあと(主催者側)急に空しくなったり、寂しくなった
経験がありませんか。
宴が楽しければ楽しいほど、誰もいなくなった
ステージやがらんとした客席が妙にわびしく、いとうしく感じるものです。

今日のお話は梅酒を家で作ったあとのビンに残った梅をどうするか、
についてです。
えっ?祭りの後とどんな関係が?って。
だって祭りの後の感情の処理とか、梅の処理とか色々問題じゃ
ないですか。ほっといてもいいもんじゃないし・・・

ちょっと強引だったかしら(-.-)

梅酒の後


役目の終わった梅のみは、ドライフルーツとして生まれ変わります。
まず包丁で切り込みを入れて、梅肉を割り種を取り出します。

ジップロックなどのビニール袋に割った梅肉を入れて、そこにグラニュー糖を入れます。
量は梅肉の量により変わりますので、一応表面がザラッとするぐらいを目安に
して下さい。(結構必要かもネ) そして袋の口をしっかり閉めてばさばさ振ります。
まんべんなく砂糖がまぶされるように両手でばさばさやって下さい。

そうしましたら、お盆や、板などの上にキッチンペーパーなどを敷いて、菜箸で
一つ一つ広げます。 このようにしてから陰干しに致します。2~3日して水分が
飛んで半生状態になりましたら、完成です。

酒気はすでに飛んでしまっているので、お子様でも安心して召し上がれますよ。
おいしくて、つい手が伸びてしまいますから、お客様などにはくれぐれもケチケチ
出すようにして、褒められても決して大判振る舞いや ましてやお土産などは
お慎み下さい
ますようにお願いしときます。

我が家のヘルシーお菓子ですよ。かんきつ類でも作れますからお試しを・・・

というわけで、楽しかった祭りの後も梅の実も 最後はやはり良い思い出として
納めておくのが何よりというお話でした。

おあとがよろしいようで m(^ ^)m チョーン!


スポンサーサイト
23 : 37 : 49 | 簡単お料理 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。